スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ハナレグミ ライブ@日比谷野音

日比谷野音のハナレグミライブ、行って来ました。

会場に着くと、入場街の行列ができてましたが
指定席だったので、特に待たずにすんなり中へ。
これは入り口の混みっぷりです。

photo+(3)_convert_20090608122157.jpg

席は、Bブロックの一番後ろで、ちょうど真ん中。
よい席でした。
(これが、後でとんでもないことに・・・)

昨日は昼間は暑かったけど、夕方になってから
風が気持ちよくて、観客もビール片手にまったりした
感じでステージ開始を待ちます。

ステージの上には、楽器や音響器具の他に
ランプ、机、オーナメント、民族っぽい感じの
ラグや小物が飾られて、お部屋の中のようです。
(写真が無くてすみません)

開演予定の17:00を少し過ぎた頃、特別な演出も無く
ひょっこりハナレグミ登場。

弾き語りで歌い始めました。
CDで聴いてると、やさしい、囁くような声ですが
ライブだと、力強い声です。

会場でシャボン玉セットを売っていたこともあり
夕方の薄暗い光の中で、シャボン玉が漂って
ハナレグミのゆったりした歌声を聴きながら
今、ここでしか味わえない雰囲気を楽しんできました。
これが野外ならではの醍醐味、というやつなんでしょうね。

知ってる曲や、アルバムでこれから発表される曲、
そして小沢健二の「今夜はブギーバック」で
みんな盛り上がって、いったんステージ終了。

アンコールになったら、ハナレグミが観客席に降りて
そのまま私とダンナさんが座ってた席の目の前にある
飛島のようなところに来たんです!
日比谷野音

本当に目の前で弾き語りを見てしまいました。
周囲も当然、ものすごく盛り上がり、みんなで新曲「光と影」を熱唱!
ライブの模様を記録しているカメラも、当然ハナレグミの目の前に
いる我々を熱く撮影!

しかし、その次に演奏し始めた曲「明日天気になれ」。
タイトルは知ってたんですが聴いたことがなかったんです。
当然、隣にいるダンナさんは全く分かりません。

周りの観客がますます盛り上がって歌う中
我々夫婦は必死で皆の手拍子に合わせて手を叩き、
サビらしい所を頑張って口パクしました。
だって・・・、折角目の前で熱く歌ってくれてるのに
全く何もしないのも失礼じゃないですか!

多分困ったような、必死な形相の我々夫婦は
ライブDVDの映像に映っているでしょう。
(もしくは我々のところだけカット)

帰り道、ノれなかったことに凹んで不機嫌なダンナさんと
二人で「申し訳ありませんでした」って反省文を書いて
ハナレグミに送ろう、と話し合ったのでした。

結論:やっぱりライブはちゃんと全曲聴いてから行かないとダメですね。
予習は大切。

スポンサーサイト
13:12 | 日記
comment(7)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。