スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 国立能楽堂「養老」「葵上」

結婚式の翌日、母と二人で国立能楽堂に
能を見に行きました。

演目は能「養老」、狂言「文相撲」、能「葵上」。

「養老」は不老不死のお水を見つけた親子が
そのお水を天皇に献上して、とてもめでたいことだと
いうような(←ちょっとうろ覚え)、
まあ、とにかくおめでたいお能です。

「葵上」はご存知、源氏物語の中の一幕の
葵上にとり憑いて苦しめる、六条御息所の
生霊を、行者が調伏するというお話です。

国立能楽堂の内部です。

photo_convert_20090618110331.jpg

都内にもいくつか能楽堂がありますが、その中でも
この国立能楽堂は、やっぱり広くて明るくて
何より、イスが気持ちよいです。

この日は自由席のチケットだったので、脇正面の
前の方に座りました。

photo+(1)_convert_20090618110537.jpg

一緒に行った母です。
少し前に誕生日プレゼントにあげた、イッセイ・ミヤケMeの
シャツを着てます。
立派な二の腕です。

もともと、私が能に興味を覚えたのは
母が謡と小鼓をやっていたからでした。
母は今も謡と仕舞の稽古をしています。
私にも稽古をしたら?と勧めてくれますが
今はそれどころじゃないし・・・。

能の方は、「葵上」が面白かったです。
能は型を見せる芸ではありますが、演劇でもあります。
型通りに動くだけだけど、なぜか見る人の心を動かす
不思議なものです。

この日の「葵上」は、鬼になってしまった
六条御息所の怨み、憎しみだけではなくて
悲しみも感じられたような気がして
よい舞台でした。

それにしても、色恋沙汰を描いた能は
学生時代と、結婚した今とでは
やはり見方が違ってきます。
これも大人になったということでしょうかしら?



スポンサーサイト
10:19 | 日記
comment(7)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。