スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 着付け教室行って来ました

着付け教室、行って来ました。

お稽古は先生のご自宅で行います。

まずは先生がマネキンに着せるのを一度見てから
自分で着付けていくという手順となりました。

先生がポイントを解説しながら手際良く
着せていくのを見ていると、「私でもできるかも」と
いう気分にさせられます。

「じゃ、やってみてね」ということで
自分で着付けをしようとすると・・・

難しい!!
「パジャマでおじゃま」に出演していた子供の気持ちです。

手が思うように動かない、紐が結べたところで
背中を整えるのを忘れて次のことをしようとしてしまう・・・などなど。
もたくさしてお稽古時間を大幅オーバー。
着物を着てお太鼓までお稽古するはずが
着物だけでお稽古が終わってしまいました・・・

今の私にとって難しいのは襟の開け具合です。
襟の合わせはどの位の深さにしたらいいのか、
襟足はどのくらい開けたらいいのか。
夢中で紐を結んでいるうちに襟足のあきが無くなったり
前がだらけてしまったり。

あとは裾のかっこいい位置を決める事でしょうか。
もぞもぞ動いている間に裾がだら~んと下がってしまったり・・。

何度も着付けをして貰っていたはずなのに
自分でやろうとするとこんなに難しかったなんて。

そして、見ていたはずの着付けが
全く頭に入っていなかった自分にショック!

13日には友人の結婚式があるのに
こんな調子で大丈夫なんでしょうか・・・?
来週のお稽古までに、着物だけは着られるようになっておかないと!

ちなみに着る予定の着物はこちら。
photo_convert_20090531220457.jpg
6月なので絽の着物です。

それに合わせる帯はこちら。
photo1_convert_20090531220629.jpg
これも夏用の帯です。
小さいのでわかりづらいのですが、笛の模様です。
22:07 | 川越
comment(2)     trackback(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。