スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 手作りカンパーニュ・・・失敗

ここしばらく、仕事も私用もあれこれと忙しくて、ブログの更新がちょっとご無沙汰になってしまいました。
にも関わらず見に来ていただいた方々、ありがとうございました。

さてさて、我が家の冷蔵庫の中ではブドウ酵母を育てています。
何に使うのかというとパンを焼くんです。
週に1度は焼くようにしているんですが、忙しくなってくるとついついサボってしまいます。
なぜかというと、天然酵母のパンは時間がかかるのです。

イーストで焼いた事が無いので、比較できないんですが
発酵させるのにほぼ1日必要です。
仕事で疲れて帰ってきてから、「しまった!パンを2次発酵させて焼かなきゃ・・でもめんどくさい」
ということで、さらにもう1日、冷蔵庫の中で1次発酵を続けてしまうことも
よくあります。
(発酵させすぎると過発酵という状態になります。
味が落ちたり、焼くと皮が硬くなりすぎたりします。)

作り方自体はそんなにややこしくはありません。
準強力粉と酵母、牛乳(もしくは水)、塩、ハチミツを混ぜてこねこねして
発酵させて焼くだけです。
もう少し詳しく書くと、
こねこねして生地作り→1次発酵(16~20時間)→分割、成形→ベンチタイム(20分)→35℃の場所で2次発酵(40分)→クープ(切れ目)入れ→230℃で約20分焼く→完成

これはパン作りの初心者向けといわれるカンパーニュのレシピなんですが
昨年末辺りから何個作った事でしょう。
それでも満足のいく仕上がりには中々ならず、次回への課題が残ります。

そんなに手がかかる天然酵母のパンを何故手作りするのか?
理由は、天然酵母のパンって味が濃くて旨みがあっておいしいんです。
体にもよいそうですし。
あとは、材料も作ってる環境も全部自分が把握してて「安心」ってことなんでしょうか。
添加物なんて何も入ってませんから。
お蔭様で、パン作りを始めてパンを買う事がなくなりました。
経済的っていうのもあるかもしれません。

photo_convert_20090402013133.jpg

写真は今日焼いたパンです。
昨日の晩焼かなきゃいけないのに眠くて1日発酵を余計にさせたので
生地がダレダレでした。
それでもちゃんと膨らみましたが、いかんせん、皮が硬かった・・・
スポンサーサイト
01:33 | 料理
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。