スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 二束の草鞋?

昨日は仕事が終わった後、翻訳の学校に行ってきました。
今は4月から実務翻訳の講座が土曜日に、翻訳の基礎の講座が水曜夜にあるので
週2日、学校に通っています。

その分、予習復習も2倍に増えて、その上ここ最近仕事がちょっとばかり
忙しくなっているので今週はバテています。

翻訳の基礎の講座の先生には最初の授業のときに
こんな事を言われました。

今は翻訳の勉強をしているわけですが
英語の勉強だけをしているわけではありません。

いつか翻訳を仕事にしたとき、今の仕事と掛け持ちする時期がきます。
自分の生活のペースの中に翻訳が入ってきたときにバランスをとるための
練習も兼ねていると思ってください


頭では分かっているけど、お昼下がりはとても眠たい・・・今日この頃です。

翻訳の学校に行くと、何て女の人が多いんでしょう、と思います。
クラスの9割が女性です。
翻訳→外国と関われる→何かカッコイイ
という憧れだけが理由ではないと思います。
翻訳は在宅勤務が多い職種だからなんでしょうね。
フリーランスで在宅で仕事をしながら子育てもできる、なんて
主婦だったら夢のような環境ですもの。

どこかのプロの翻訳家さんが、主婦でもできるような仕事だと思われているから
日本では翻訳が低く見られているんだ、と嘆いていました。
でも仕方ないことなのかなと思います。

受講している女性の自己紹介を聞いていると
「今の仕事はこの先続けていく自信がないので、
自分のペースで働けそうな翻訳に関わる仕事に転職したい」と
言っている人がほとんどでした。

翻訳だってそんな甘いもんじゃないだろと思いますが、
女性が家事や子育てと両立させながら続けられるような仕事が
世の中に少ないんでしょうね。

社会派なことを書くのが続いてますが、
記事の更新やコメントへのレスポンスが遅れるのは
こんな理由です。

今日は今日とて、家に帰ったら土曜日の授業の予習をしなくては・・・!
スポンサーサイト
15:14 | 翻訳の勉強
comment(2)     trackback(0)

 翻訳講座~基礎編~

1月から翻訳入門という講座に通って、
英文法の見直しと翻訳のイロハを勉強しています。
それに加えて、明日から専門分野の翻訳の基礎を
勉強する講座が始まります。

昨日、新しい講座のテキストを開いて予習をしてみました。
むむ、難しい・・・。

もちろん、英文の意味は取れるんですが、日本語にするときに
何だか不自然になってしまうんです。
まるで中学生の書いた文章のような、
使い慣れない言葉を一生懸命使ってる感とでも言いましょうか・・

決まった言い回しに対して、同じ様な日本語を当てていると
表現として画一的になってしまうし
もうちょっと気の利いた言い回しをしようとすると、
原文のニュアンスと何だかかけ離れてくるような気がするし。

言葉は難しいですね。
プロの文筆家の方のような、表現したいものを的確な言葉で表す
技術ってどうやったら身につくんでしょうねえ。
もっと色々な日本語のボキャブラリーを知識として蓄えたいです。

日本語も大事ですが、英語もまだまだ勉強が足らんと言うことで
5月31日のTOEICを申し込みました。
スコアを伸ばすためにiPhoneにCNNのStudent NewsのPodcastを
入れて通勤電車の中で聞いてます。
嫌でも毎日聞いていると、ただの音だったものが段々と
意味を成してきたような気がします。

・・あくまで気がしているだけかもしれません。


14:35 | 翻訳の勉強
comment(2)     trackback(0)

 勉強を始めた訳

1月から翻訳の学校に通っています。
月~金と仕事して、土曜日の午前中が授業です。

そもそもは勝間和代さんの「インディで行こう」という本を読んで
「英語ができれば収入も上がる」(大分意訳しすぎ)というくだりを目にし
「おっしゃー 英語の勉強するぞー」と単純な私は実行しました。

で、TOEICを受け始めてみたのですが、会社の行き帰りに単語帳を見たり
しててスコアが1年で300点近く上がったんです。
(単語帳見るだけで上がるくらいのスコアですから、最初がどれ程低スコアだったのかお察しくださいませ)

で、折角上がった英語のスキルを生かせないかなあと思い始めました。
そのうち子供できるんだろうし、在宅でもできることって何だろうと考えたのが翻訳でした。
ついでに、現在の職場が翻訳データの前処理、後処理をしてますので
翻訳もできれば仕事の幅も広がったりするんじゃないかと考えたということもあります。

が、勉強を始めてかなり自分の考えが甘かったことに気づきました・・
「在宅の主婦が片手間でできるほど、翻訳は甘くはないのだ」と
いう現役翻訳者さんのHPを見て落ち込んでみたり。
何より、日本語ってすごく難しい。
英語を日本語に直しただけの英文解釈調の日本語よりも、更にこなれた文章が書けなきゃ
プロの意味がないんですよね。
果たして自分にそんな文才は多分、無いし。
毎度添削されたものを見てへこんでます。

とはいえ、折角始めてみた勉強ですから
ちゃんとトライアルを受けて仕事に結び付けられるように
なれたらな、と思ってます。


16:37 | 翻訳の勉強
comment(4)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。