スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 国立能楽堂「養老」「葵上」

結婚式の翌日、母と二人で国立能楽堂に
能を見に行きました。

演目は能「養老」、狂言「文相撲」、能「葵上」。

「養老」は不老不死のお水を見つけた親子が
そのお水を天皇に献上して、とてもめでたいことだと
いうような(←ちょっとうろ覚え)、
まあ、とにかくおめでたいお能です。

「葵上」はご存知、源氏物語の中の一幕の
葵上にとり憑いて苦しめる、六条御息所の
生霊を、行者が調伏するというお話です。

国立能楽堂の内部です。

photo_convert_20090618110331.jpg

都内にもいくつか能楽堂がありますが、その中でも
この国立能楽堂は、やっぱり広くて明るくて
何より、イスが気持ちよいです。

この日は自由席のチケットだったので、脇正面の
前の方に座りました。

photo+(1)_convert_20090618110537.jpg

一緒に行った母です。
少し前に誕生日プレゼントにあげた、イッセイ・ミヤケMeの
シャツを着てます。
立派な二の腕です。

もともと、私が能に興味を覚えたのは
母が謡と小鼓をやっていたからでした。
母は今も謡と仕舞の稽古をしています。
私にも稽古をしたら?と勧めてくれますが
今はそれどころじゃないし・・・。

能の方は、「葵上」が面白かったです。
能は型を見せる芸ではありますが、演劇でもあります。
型通りに動くだけだけど、なぜか見る人の心を動かす
不思議なものです。

この日の「葵上」は、鬼になってしまった
六条御息所の怨み、憎しみだけではなくて
悲しみも感じられたような気がして
よい舞台でした。

それにしても、色恋沙汰を描いた能は
学生時代と、結婚した今とでは
やはり見方が違ってきます。
これも大人になったということでしょうかしら?



スポンサーサイト
10:19 | 日記
comment(7)     trackback(0)

 結婚式@明治記念館

ひさしぶりの更新になってしまいました。
自分のブログを見てみると、グリムスが枯れかけてる・・・

この間の土曜日、またもや友人の結婚式でした。
今度は大学時代のサークルの同期の友人です。

神前式だということで、私も着物を着ていきました。
photo+(7)_convert_20090617165833.jpg

一番右端が私です。
大荷物で帯の辺りが見えてませんが、
一応、前にブログで紹介した着物です。
無事に着ていくことができました。

photo+(1)_convert_20090617170041.jpg

こちらが友人達夫婦。
白無垢でお嫁入りでした。

観世流の能楽サークル時代の友人と後輩がご招待を受けて
しかも結婚式というおめでたいお席ですから、
当然「高砂」ですね。

皆で「高砂や。この浦舟に帆を上げて~」から
「千秋楽」まで連吟してきました。
一人で謡を稽古することはありましたが
やっぱり、他の人と一緒に謡うと気持ちよいですね♪

前回、出席した結婚式のときとは違い
とてもいいお式でした。
友人もいいダンナさまを見つけて本当によかった!

同じ様に学生時代をすごして
一緒に稽古をした仲間も、今は全くバラバラの道を歩んでいるのが
おかしな気がします。
外見も中身もほとんど、あの頃と変わってないのになあ。

17:09 | 日記
comment(2)     trackback(0)

 ハナレグミ ライブ@日比谷野音

日比谷野音のハナレグミライブ、行って来ました。

会場に着くと、入場街の行列ができてましたが
指定席だったので、特に待たずにすんなり中へ。
これは入り口の混みっぷりです。

photo+(3)_convert_20090608122157.jpg

席は、Bブロックの一番後ろで、ちょうど真ん中。
よい席でした。
(これが、後でとんでもないことに・・・)

昨日は昼間は暑かったけど、夕方になってから
風が気持ちよくて、観客もビール片手にまったりした
感じでステージ開始を待ちます。

ステージの上には、楽器や音響器具の他に
ランプ、机、オーナメント、民族っぽい感じの
ラグや小物が飾られて、お部屋の中のようです。
(写真が無くてすみません)

開演予定の17:00を少し過ぎた頃、特別な演出も無く
ひょっこりハナレグミ登場。

弾き語りで歌い始めました。
CDで聴いてると、やさしい、囁くような声ですが
ライブだと、力強い声です。

会場でシャボン玉セットを売っていたこともあり
夕方の薄暗い光の中で、シャボン玉が漂って
ハナレグミのゆったりした歌声を聴きながら
今、ここでしか味わえない雰囲気を楽しんできました。
これが野外ならではの醍醐味、というやつなんでしょうね。

知ってる曲や、アルバムでこれから発表される曲、
そして小沢健二の「今夜はブギーバック」で
みんな盛り上がって、いったんステージ終了。

アンコールになったら、ハナレグミが観客席に降りて
そのまま私とダンナさんが座ってた席の目の前にある
飛島のようなところに来たんです!
日比谷野音

本当に目の前で弾き語りを見てしまいました。
周囲も当然、ものすごく盛り上がり、みんなで新曲「光と影」を熱唱!
ライブの模様を記録しているカメラも、当然ハナレグミの目の前に
いる我々を熱く撮影!

しかし、その次に演奏し始めた曲「明日天気になれ」。
タイトルは知ってたんですが聴いたことがなかったんです。
当然、隣にいるダンナさんは全く分かりません。

周りの観客がますます盛り上がって歌う中
我々夫婦は必死で皆の手拍子に合わせて手を叩き、
サビらしい所を頑張って口パクしました。
だって・・・、折角目の前で熱く歌ってくれてるのに
全く何もしないのも失礼じゃないですか!

多分困ったような、必死な形相の我々夫婦は
ライブDVDの映像に映っているでしょう。
(もしくは我々のところだけカット)

帰り道、ノれなかったことに凹んで不機嫌なダンナさんと
二人で「申し訳ありませんでした」って反省文を書いて
ハナレグミに送ろう、と話し合ったのでした。

結論:やっぱりライブはちゃんと全曲聴いてから行かないとダメですね。
予習は大切。

13:12 | 日記
comment(7)     trackback(0)

 柳宗理のパンチングストレーナー

ずっと欲しかったものをamazonで買ってしまいました。

photo_convert_20090605135844.jpg

パンチングストレーナー、つまり・・・
ザルです。
取っ手のついた。

photo+(2)_convert_20090605135901.jpg

小さいザルを使うときは、
普段はザル豆腐が入っている竹製のを使っているのですが
この時期、いつも湿っていていつカビが生えても
おかしくない感じになっています。

小さいザルって何かと便利なんですよね。
切った野菜を入れておいたり、うどんの水切りに使ったり。
大きいザルもあるんですが、これはステンレスの網の
昔ながらのです。
こいつは洗うのが大変なんですよね。
特に底の方。

買ったザルは穴を開けたステンレスなので
洗うのが楽そうです。
しかも「DESIGNED BY SORI YANAGI」。
これは大切に使います。

夕飯作るのに使ってみよ~
使い勝手が楽しみです♪

14:07 | 日記
comment(7)     trackback(0)

 お下がり

今日は実家に行ってきました。
前の記事の写真の、着物や帯を取りに行ってきたんです。

それ以外にも色々と母から譲ってもらってきました。

こんなワンピースとボレロとか
photo3_convert_20090531221846.jpg

こんなのとか。
photo2_convert_20090531221828.jpg

両方とももう30年以上昔のものなんですけど
今着てもおかしくない!かわいい!

ピンクのワンピースとボレロは、実は総レースです。
グラデーションのピンクに金糸がわずかに入っていて
ゴージャス★
緑の方は、なんちゃって北欧系といった
とこでしょうか。

試しに着てみたらピッタリでした。
ピッタリすぎて、今の体型からは太れない感じです・・
母も私が着ているのを見て
「私にもこんなの着れた時代があったのね」と
しみじみしてました。

緑色のワンピースの方は、来週のハナレグミのライブに
着ていってみようかしら?

22:26 | 家族
comment(7)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。